シリカ水の効果とおすすめランキング

シリカ水の効果とおすすめランキング

シリカ水の効果はどう?おすすめのランキング

シリカ水での足湯の効果

 

最近は冷え悩む人が非常に多いといわれており、特に女性たちの間でその傾向は顕著です。これは、昔と比べて歩いたり運動したりといった活動量が減っており、また体型を気にして幼い頃から脂肪を溜め込まないように生活をしてきた結果、体内で熱を生み出す力が弱くなっていたり、また血行が良くない人が増えているからだと言われています。

 

筋肉量が多くても冷え症に悩む人は多いため、根本的な要因は血行の悪さということが考えられているのですが、その血行を改善するためにシリカ水が注目されています。シリカ水は、必須ミネラルであるシリカとその他数種類のミネラルを豊富に含んだ水のことで、これを直接飲んだり、いろんなものに混ぜて皮膚から取り込んで、シリカの効能を受けることができるというものです。

 

シリカには血管を丈夫にし、血液をサラサラにしてくれる働き、そして細胞の働きを活発にしてくれる働きがあるため、血行の改善や代謝促進に作用することがわかっていて、冷えの原因に対してダイレクトに効果が見られます。また、体の隅々にまで効果がいきわたりやすいので、末端冷え症の方にも効果があります。

 

利用シーンとしては、足湯などにすると体が温まるだけでなく、シリカ水に含まれるシリカやその他のミネラルが、足の皮膚から吸収され、その働きによって血行を促進させてくれますし、もちろんそのまま飲んでも全身がぽかぽかしてきます。

 

シリカ水の特長のひとつに、高い殺菌作用があって、これによって細菌が原因になっておこる足のニオイや水虫なども、シリカ水で足湯を続ける中で殺菌が進み、状態が改善されることがわかっています。

 

シリカ水の種類はどんなものがある?

 

シリカ水と一口に言っても、実はその種類がいくつかあります。その中でも、何に入っているかという提供方法による分類はポピュラーな分類方法になります。主な容器の種類としてペットボトル、ウォーターサーバー、水素水などの方法でシリカ水は提供されていますが、これらの違いと特徴についてまとめてみました。

 

ペットボトル入りのシリカ水が最も目にする機会も多い一般的なものになりますが、一番の特徴はシリカ含有量が最も多いことです。シリカの含有量にこだわったタイプは、おおよそペットボトルで提供されているように思われます。冷やしても常温でも美味しく飲めますし、しっかり密閉されているので安全性も非常に高いです。お化粧前の下地作りなどの際にも濃度が高いのでしっかり効果を発揮します。

 

ウォーターサーバーの場合は、ペットボトルほどの濃度ではありませんが、その分、リットルあたりの価格は安くなりますから、毎日飲んだり多様に使えることを考えれば十分なメリットがあると思います。家族など複数人で使う場合や、またお茶や飲用水、料理などたくさん使いたいという方であればこのタイプがオススメです。

 

そして水素水ですが、ちょっと値段が高めですが水素による活性酵素を活発化させる働きもあり、通常のシリカ水にプラスアルファの効果が期待できます。

 

こちらの場合の注意点は、パッキングされていることが多いですが、一度開封したら早く飲みきってしまわないと水素が抜けてしまったりするため、毎回使い切ることが大切です。タイプと特徴をわかって、賢くシリカ水を使い分けていきましょう。

 

シリカの1日の摂取量について

 

美容にとても興味のある方なら、当然シリカのことは知っていることでしょう。お肌にとっても嬉しい効果のあるミネラルとして注目を浴びていますね。そんなシリカを一番九州しやすい状態にしているのがシリカ水です。

 

ではいったい、シリカをどれくらい摂取するのが望ましいのでしょうか。シリカ含有量を示す値は「◯◯mg/L」という単位で表します。1リットルあたりに含まれるシリカの含有量を表すものです。もし、500mlサイズのペットボトルであれば、2本分にあたります。

 

私たちの体内では1日におよそ10〜40mgのシリカが消費されています。私たちの体内で1日にどれくらいシリカが消費されているのかは正直なところはっきりとはわかりません。考えられるのは、シリカの消費量が最大40mgの時はシリカ含有量が80mg/Lのシリカ水が必要になります。

 

シリカの消費量が最小10mgの時は、リカ含有量が20mg/Lのシリカ水でもOKです。安い値段で売られているシリカ水は、シリカの含有量はあまり期待ができません。だいたい50mg/Lくらいではないでしょうか。500ml1本あたりに換算すると、だいたい25mgの含有量となります。

 

もし、これで1日のシリカの消費量を補充しようと考えたらな、500mlのペットボトルを2本飲まなければいけなくなります。できることなら、毎日飲んでいる水をシリカ水に変えてしまうのが一番だと思います。

 

元々1日に1L以上水を飲む人であれば問題はありませんが、もし定期的に購入したいとなったら、1日何本も飲む場合、定期購入の30本という数量では、到底足りません。

 

日々、どれくらいの量を飲んでいるかにより変わってきますが、できるなら、シリカの含有量が「80mg/L」前後くらいのシリカ水を選びたいところです。その方がコストの面からいっても経済的かと思います。

 

シリカ水でアンチエイジング

 

最近はネット上でもとても注目を浴びているシリカ水。ネットショップで購入することも可能です。知っている人はかなり詳細な部分まで知識があるようなのですが、反対に知らない人は全く聞いたこともないという風に両極端に分かれるようです。

 

シリカ水というくらいですから、当然シリカがたくさん入っているだろうということはおおよそ想像がつくと重います。そのシリカというのは二酸化ケイ素といって、ケイ素と酸素の化合物になります。

 

地球上で最も多いものは酸素ですが、その次に多い元素というのがこのケイ素なのです。主に岩石や砂、土壌の成分として地球上に存在しています。私たちの住んでいる地球の表層部分を構成している鉱物のおよそ60%は、シリカを含んだものなのです。そして、植物や私たちの体にも含まれています。

 

私たちの体においては皮膚や血管、そして細胞壁や骨、関節、爪、髪の毛などに含まれているのですが、それもケイ酸塩としてほんの少しになります。ほんの少しながら、各々の部位を健康に保つため、いろいろな働きをしています。

 

この大切な成分であるシリカですが、20代の頃をピークとして、年を負うごとにどんどん減少していってしまっていますそして、私たちは自力でシリカを生成することは困難なのです。当然外から補っていかなければなりません。食べ物で摂ったり飲み物で摂ったりしていく必要があるのです。

 

そうしていかなければ、シリカが減少した影響で体が衰えてしまうかもしれないのです。成人でいうと、1日に10mg〜40mgの量のシリカが消耗されています。この消耗した分のシリカをいかに補うかにより、アンチエイジングができるのかもしれません。

 

シリカ水の効果について

 

美容界で注目され始めているシリカ水ですが、その効果にはどのようなものがあるのでしょうか。シリカ水そのものがどんなものかといいますと、シリカと呼ばれるケイ素がたくさん含まれている天然水のことを指します。私たちの体を作るだめには必要不可欠なミネラルなのです。

 

どんな部分に多いかといいますと、皮膚や髪の毛、それに骨や歯、爪など、他にも多くの場所に含まれています。コラーゲンのあるところにシリカあり、と言われるくらい、シリカとコラーゲンは切っても切れない関係です。

 

コラーゲンだけでなく、エラスチンやヒアルロン酸といった肌の潤いやハリを保つのに不可欠な組織をつないでくれて、その密度をアップさせてくれます。私たちが普段お肌のお手入れをする際、気にしているのは主にコラーゲンですよね。このコラーゲンたちの密度アップのためにも、シリカをたくさん摂取していく必要があるのです。

 

お肌の乾燥やシミ、そしてシワやたるみといったたくさんの肌トラブルを起こさないためにも、シリカをどんどん摂取していきましょう。髪の毛やツメの主成分はケラチンです。そのケラチンの生成を助けるのがシリカなのです。

 

シリカの効能により、髪の毛はコシやツヤに恵まれた丈夫で美しい状態になります。爪もツヤツヤになっていきます。反対にシリカが不足してしまうと、髪の毛はパサツキ始め、抜け毛も増えてしまいます。

 

カルシウムが私たちの骨を丈夫にしてくれているということはもはやご存知かと思いますが。シリカもまた、カルシウムと同じような働きをしてくれます。同じように骨を丈夫にしてくれるのです。おまけにカルシウムが吸収されるのも手助けしてくれるのです。骨にとっては必要不可欠なミネラルなのです。

 

更新履歴

copyright 2016 シリカ水の効果とおすすめランキング All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。